交通事故

交通事故にあってしまったらどうする?

もし万が一、あなたが交通事故にあってしまった時、どのような処理や対処を行えばいいかご存知でしょうか。
もちろん、交通事故の規模の大小に関わらず、警察を呼んで立ち会ってもらったり、怪我の程度がひどければ救急車を呼ぶ必要がありますよね。
身体に問題がなくて、損害を感じなかったとしても、とにかく、警察に連絡することが大切です。
交通事故にあってしまうと、ほとんどの人は冷静でいられなくなります。
交通事故にあってしまった恥ずかしさや緊張感から、その場を早く逃げ出したいという気持ちになることも少なくないでしょう。
でも、その時には、痛みを感じなくても後で落ち着いてから怪我や痛みに気がつくこともあります。
警察を呼ぶと、加害者の情報を収集してもらえますし、交通事故にあったことを証明することができます。
車の事故の場合には、警察に連絡するのは法律上の義務なので、当事者同士の示談などで通報せずに済ませたりしてはいけません。
警察を呼んだら、安全を確保した上で、なるべく事故の現場を保存するようにします。
警察が来るまでの間に、加害者の車のナンバープレートを確認してメモを取ったり、運転免許証や車検証、保険証などを見せてもらって、住所や氏名、連絡先を記録しておきましょう。
警察の検証が終わったら、体に異常を感じなくても、念のために病院へ行って診断書を作成しておきます。
自賠責保険や任意保険を使う場合には、交通事故証明書の取得が必要不可欠です。
この交通事故証明書というのは、交通事故が起きた時点で警察に通報していなければ発行されませんから、加害者が通報しないようなら被害者であるあなたが通報してください。


交通事故,対処,罰金,慰謝料,示談金サッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。